つばめ食堂

tsubamex.exblog.jp

お気に入りのものや日々の出来事のひとりごとです

カテゴリ:試写会( 135 )

*トランセンデンス*

★★★

『トランセンデンス』女性限定試写会に行ってきました。

『人工知能は自我を持てるのか?』をテーマにしたSFサスペンスです。

クリストファー・ノーラン監督製作・総指揮を務めるだけあって、映像は素晴らしかったです。

…が、展開がうすっぺら~

スーパーコンピュータの中に生き続けるオットとの夫婦愛は考えるものがありましたが…

科学者夫婦が選んだ道は、オープニングからばれてますからね…

ふつう?のジョニー・デップ、久しぶりと思ったら、特殊メイクのはげちゃびん姿もありました(笑

海外では酷評のこの作品、思っていたのよりいいじゃん、と思わせたのは、この方!

ポール・ベタニーのおかげと言っても過言ではないかと! 

ジョニデより実は大好きなんですよ~!

脚本に文句を言わず、ジョニデ、ポールが好きな方にはおすすめです♪

6月28日(土)より公開ですが、27日(金)から先行上映があるそうです。

b0172347_16481476.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-06-26 00:19 | 試写会

*春を背負って*

★★★★

西日本新聞特別試写会に行ってきました。

標高3000mの立山連峰で山小屋を営む『家族』の絆を描いています。

父の日を前に、父親と息子の絆を見つめなおす作品です。

元々、『人は皆何かを背負って生きていくしかない』という人生哲学を持つ木村大作監督。

そんな監督が笹本稜平の小説『春を背負って』と出会ったのも、運命なのでしょう。

父親と疎遠になっていた息子が、急死したからとはいえ、急に仕事を辞めて山小屋を継ぐの~?

少々、つっこみたいところがありますが、まいっか。

あせらず、たやさず、よくばらず…

自然の持つ美しさと恐さをきちんと描いているので、勉強になる。

しかし、ワタシにはきっと一生みることが出来ない世界…

『ホンモノ』にこだわる監督なのに、山小屋のシーンは菫小屋ではないと聞いて、ちょっと残念。

人は、心のふれあいがあってこそ、生きていける。

見えない荷物を背負ってる人は、とにかく一歩一歩大切にして自分の居場所を見つけよう。

人生に悩んでいる人におすすめかも。

トヨエツの山男が、素敵…

6月14日(土)全国ロードショー!

b0172347_23485951.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-06-14 06:04 | 試写会

*青天の霹靂*

★★★

「青天の霹靂」特別招待試写会に行ってきました。

劇団ひとりが書いた小説を自身で初監督した作品です。

生きる意味を失った39歳の売れないマジシャンが、突然雷が落ちて、昭和48年にタイムスリップ。

そこで、若い頃の自分の両親に出会い、本当の過去を知り…予想を裏切らない作品です。

大泉洋のマジックシーンは素晴らしいので、大泉ファンならばきっと大絶賛でしょう。

大泉が好きじゃないせいか、産婦人科的に疑問があるせいかわかりませんが…いまいち~!

「いやいや、●●で●●とかありえん!普通ならば、緊急手術!」と心の中でつっこみながら観てました。

絶望のどん底だった主人公が、自分の生まれた意味を知って、現実に戻った時にどう行動するのか?

映画が終ったあとの展開の方が気になりました(笑

5月24日(土)より、全国ロードショー。

b0172347_2158351.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-05-24 00:32 | 試写会
★★★

相棒~劇場版Ⅲ~特別試写会に行ってきました。

サブタイトルは、『巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』…ながい~

太平洋に浮かぶ孤島で起きた事件とそのウラに潜む陰謀の極秘調査に向かう特命係の姿を描きます。

ストーリー展開は想定内で、裏切られないところが残念でした。

しかし、テレビ朝日開局55周年記念映画らしく、お金かかってます~!

時間軸がわかりませんが、三浦刑事(大谷亮介サン)が出演してるのがうれしかった~♪

ネタバレになっちゃいますが…相棒は現代社会を映す鏡のような刑事ドラマ。

今回は、日本の右翼化に警鐘を鳴らす作品で…愛国心という病にかかった人のお話でした。

ワタシは日本国憲法第9条の改正に反対なので…平和ボケという病のほうがいいかな。

4月28日(月)KBC 15:58~16:54、相棒~劇場版Ⅲ~序章が放映されるそうです。

これを観てから、劇場へ行きましょう!

4月26日(土)より、全国ロードショー♪

b0172347_23293290.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-04-26 00:15 | 試写会

偉大なる、しゅららぼん

★★★☆

KBC招待試写会に行ってきました。

琵琶湖周辺で代々不思議な力を伝承してきた一族、日出家とライバル一族との戦いをコミカルに描いています。

「鴨川ホルモー」の万城目学らしい、日常の中に非日常が入り込む万城目ワールドが展開されています。

原作のファンなので、ブタん十郎じゃないし、清コングじゃないし。

「あと3人揃ったら奇面組だね」というせりふもなかったけど、楽しかった。

明らかに、16歳に見えないキャスティングはどうなんだろうとは思うけど…オトナのじじょう?

一番最後に、「しゅららぼん」の秘密が明らかに(笑

3.8(土)世界を滅ぼす大事件勃発!

b0172347_6555398.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-03-08 07:08 | 試写会

銀の匙 Silver Spoon

★★★★

小学館合同試写会に行ってきました。

荒川弘原作コミックの実写版です。

進学校から農業高校へ入学した八軒がカルチャーショックを受けながら奮闘し成長する姿を描いています。

原作の世界観を壊さず、丁寧に作ってうまく2時間にまとめられています。

副ぶちょーは柴犬だった~♪(原作は、雑種なのに~)

竹内力と哀川翔が兄弟役に、ばりうけ~♪♪

「豚丼」のエピソードは、かなりさっくりしすぎて残念だったけど、時間的に仕方ないか…

「銀の匙」は、農業を目指すものは将来食べものに困らない豊かさに恵まれますように、という意味。

ワタシも「銀の匙」を買って、毎日磨きたくなりました(笑

「開拓者魂、なめんなよ」という中村獅童扮する中島先生のセリフが心に残りました。

新しい場所で新しい希望を見つけることは、逃げではないということ、たくさんの人に届いて欲しいです。

3月7日(金)より、全国ロードショー!

b0172347_747688.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-03-02 00:23 | 試写会
★★★★

小学館合同試写会に行ってきました。

三池崇史監督×宮藤官九郎脚本×生田斗真主演で、高橋のぼるの人気コミックを映画化。

暴力団の抗争に巻き込まれながら、「モグラ」と呼ばれる潜入捜査官として活躍する姿を描いています。

なんか大きなトランク持ってる人が多いな~と思ったら…三池監督&斗真君のサプライズ舞台挨拶がありました。

ファンの方はなんでもご存知なんですね~

ド派手な衣装で登場した斗真君、「ナイトシャッフルのロケで、いろいろおいしいものを食べた」

「冒頭の20分はほとんど裸のシーンばかり。いろんな世代の方が現代の男達の生き様を感じてもらえれば嬉しいです」

「三池監督の男の世界。血と汗と涙と魂込めました。興行的に失敗したら、仕事なくなっちゃうんで~」とのこと(笑

三池監督は、「里依紗ちゃんが妊娠中だったんだよね~知らんかったんや~あんなことさせてごめんな~」

「斗真君にあんなことやこんなことさせたので、興行的に失敗したら、ジャニーズから抹殺されるかもしれません!」

たしかに、ジャニーズの歴史を変えたといっても過言ではないくらい…すごかった!

2014年初の試写会がこの作品でよかった(笑

時代が違えば、長瀬か松岡がやってたのかな~でも、やっぱり斗真君でしょう(笑

オトナの事情で、終わりのほうで、アレ、これは…と思うはず、と言ってたのは、斗真君の歌のことかな?

劇中でしか聴けないそうです(笑

一番のお気に入りは、吹越満・遠藤憲一・皆川猿時が歌う、クドカン作詞の「土竜の唄」

「潮騒のメモリー」並みの名曲で、これも劇中でしか聴けません(笑

2月15日(土)より、全国ロードショー!

b0172347_1404569.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2014-02-15 03:39 | 試写会

永遠の0

★★★★

朝日新聞特別試写会に行ってきました。

百田尚樹の同名ベストセラー小説の映画化です。

終戦から60年後の現代に生き、将来に悩む青年が、亡くなった実の祖父の過去を調べることから物語は始まります。

天才的なゼロ戦パイロットでありながら、生きることに執着し、海軍一の臆病者と呼ばれた祖父。

なぜ、26歳の若さで特攻隊員として死ぬ道を選んだのか…

戦友たちのもとを訪ね歩き、記憶の断片を繋ぎ合わせながら、たどりついた真実とは…

…すごい作品でした。

岡田准一君演じる正義感と極限状態における狂気は、美しいがゆえに素晴らしかった。

過去の回想シーンは、主観がちがうことで、同じ場面でも全くちがうシーンに見えました。

あの時代の方々の苦労の末に、いまがあるのですが、いま、生きている人間がしなければならないこと。

彼らが夢見た世界がつくられているのか…ちょっと考えてしまいます。

原作も読まなきゃ。

主題歌は、23年ぶりの映画主題歌提供となった、サザンオールスターズの「蛍」

冬のサザンは…しみるねぇ。

この作品が遺作となった、夏八木勲氏の演技も必見です。

12月21日(土)より、全国ロードショー!

b0172347_0581842.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2013-12-20 00:20 | 試写会

47RONIN

★★★☆

読売新聞社招待試写会に行ってきました。

ハリウッドが、忠臣蔵をファンタジーアドベンチャーに大改造!

え~っと…

グラディエーター、ロード・オブ・ザ・リング、ダースベイダー???と忠臣蔵をミックスしてできあがり~

ガイジンにわかるのか…侍魂は…?

3D吹替版を見ましたが、字幕の方がいいかも…

ねちっこいセリフまわしの菊池凛子、桃井かおりかと思った~

キアヌも真田さんもかっこよかった!

柴崎コウもかっこよかった!

赤西…? 彼の役は、誰でも…

12月7日(金)より、全国ロードショー!

b0172347_1421256.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2013-12-06 00:36 | 試写会

利休にたずねよ

★★★★

KBC名画招待試写会に行ってきました。

第140回直木賞を受賞した山本兼一の同名小説の映画化です。

利休の切腹当日、妻の宗恩がたずねます。 「あなた様には、ずっと思い人がいらっしゃったのでは…」

胸中に秘められた記憶を蘇らせながら、利休の人生、利休の美意識の原点を描いています。

利休が、美を追求した人…って、日本史で習いましたっけ!? (あ、侘び・寂び…?)

利休の切腹も、秀吉の逆鱗に触れたからって…覚えてないなぁ~お恥ずかしい。

原作小説の台詞を引用した脚本も素敵でした。

「生きている喜びを、この一服で味わいなさいませ」

「私が額(ぬか)づくのは、美しいものだけでございます」

言葉だけでなく、海老蔵の所作、茶釜の炊く音、とにかくすべてが美しい。

国宝級の建造物で撮影し、長次郎作・黒楽茶碗を100年ぶりに使う…と、美にこだわった作品。

“お~い、お茶”どころではありませぬ。

市川團十郎とのシーンは、実生活とダブってみえて…かなりせつなかったです。

信長・秀吉も、あっちよりもこっちのキャスティングの方が絶対イイ。

12月7日(土)より、全国ロードショー!

b0172347_23532660.jpg

[PR]
by tsubame46 | 2013-11-30 00:07 | 試写会

お気に入りのものや日々の出来事のひとりごとです


by つばめ